Bird Stlike

備忘録

Top固定

 参考までに…

 

 

2018年以降プレイしたゲーム/

2018

大逆転裁判2/ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者/ファミコン探偵倶楽部 うしろの少女 SFC版/返校 -Detention-/スターデューバレー/ショベルナイト/VA-11 Hall-A/Hollow Knight/Doki Doki Literature Club!/レイジングループ/シャリーのアトリエPlus/ゼノブレイド2 黄金の国イーラ/OVERCOOKED/OVERCOOKED2/Will -素晴らしき世界-/大乱闘スマッシュブラザーズ/SPECIAL/ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド 英傑たちの詩/オクトパストラベラー

 

2019

伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠/テトリス99/Butterfly soup/Cuphead

 

先月末にFiio X7を買う

f:id:grotesque34:20190516042536j:plain

 

 ポータブルオーディオなんて適当にサブスクリプションBluetoothイヤホン使ってりゃいいんだよとか言っておきながら、数年前のハイエンドDAPを買ってしまうんですわ。

 いまや製品カタログ的に2世代前くらいになりつつあるX7だけれども、これが発売した当時がたぶん一番オーディオの情報を追っていて、本来据え置き向けのES9018Sが載ったDAPっていうのはかなり魅力的で気になってはいた。中古とはいえ、かなり安価に手に入れられたのでいい買い物だったのではないだろうか。しかし10万クラスの製品がたかだか3年4年でここまで安く買えるとなると、やはり怖い世界である。ちょうどこのX7も対応しているFiioのアンプモジュールシリーズの中で決定版というべきAM3Dも近々発売するようなので、ベストタイミングであると思う。

 最近はあんまり良い環境で音楽を聴いていなかったというのもあるが、それを考慮せずとも音は良い。メインでよく使っていたWestone W60だけでなく、しばらく使っていなかったCampfire AudioのOrionを多用するくらいにはハマっている。アップデートを重ねた結果、発売当時とはプレイヤーアプリやら何やらがだいぶ変わったらしいが、新プレイヤーアプリであるFiio MusicはM7やスマートフォンで馴染みがあったので非常に移行がスムーズにできて助かる。つい先日発売の延期が決まってしまったが、AM3Dが発売したら4.4mmバランスも手を出してみようと思っている。

4月のリスニング

 4月ももう残り僅か。そして平成も残り僅か。来る令和を目前に、世間はすっかりGW気分。私も乗らなきゃと平成最後の散財を果たしてきたところ。これでもうGWに遊ぶ資金はなくなったのだけど悔いはないぜ。

 そんな4月に主に聴いた曲をいくつか紹介。

 

  まずJanis CrunchのI just love the piano。

I just love the piano

I just love the piano

 

  haruka nakamuraやファイアーエムブレムEchoesなどのボーカルで、私的に何かと目にする彼女のピアノインストアルバム。実はだいぶ前から欲しくて、レンタル店や中古CDショップに行くたびなにげなく探していたんだけど、先日ようやく出会えた。この盤を欲しくなった理由のトラック、「恋をした人」はやはりとても素晴らしいのでおすすめ。

 

 ミソシタの2ndアルバム、We are Vertual。

We are Virtual

We are Virtual

 

  悔しいことに買ってしまった。1stアルバムの時点でトラックメイカー豪華だなぁと思っていたのに、2ndはもう豪華すぎて引く。なんでこんなキワモノみたいな恰好のようわからん奴に楽曲提供してるの? とさえ思う。MiliのYamato Kasai提供の「満天のパラレル」なんかイントロ美しすぎて涙出てくるからな。バーチャルYouTuber初の映画監督作品「バーチャル男」のDVDが特典としてついてきたけど、まだ見れていない。GWにNetflixがこれも見ろあれも見ろと数々の名作を推してくる中、それらを押しのけて先に見るほどなのか…と悩む。

 

 PassCodeの新譜、CLARITYも聴いた。

  が、「It’s you」や「Ray」、「Tonight」など既発シングルなどで収録された曲が良い反面、いまいちアルバムでの新規曲はパッとしない気がする。これに関しては本当にまだ全然聴きこんでないので、いずれ感想が変わるかもしれない。ていうか「It's you」ほんま神。

 

 今月の頭の時点で月末の1周年を控えていたシャニマスの音源も、リリース以来ほぼやっていなかったゲームプレイの再開と合わせてほとんど聴いた。ぶっちゃけリリース当時もゲーム内でバックグラウンドミュージックとして流れていたはずだけど、まったく聴いた覚えもなくほぼ初見だった。個人的にはアルストロメリアと放課後クライマックスガールズの曲調が好み。ゲーム性の方もようやくわかってきた節があるので、今後のCDシリーズも追っていこうと思っている。

 

 以上。書籍やゲームソフトと違って新譜はどこでチェックすればよいのかいまだにわかっていないので、毎月唐突に聴きたい新譜を見つけて困りますね。また、開拓する場もYouTubeくらいしか知らんので…。Bandcampを1日眺めてればぽろぽろ好みなのが見つかるだろうというのは知ってるけどなかなか実行に移せず。最近はハンブレッダーズというバンドを見つけたくらいしか成果がない。おすすめあったら教えてください。

 


ハンブレッダーズ「DAY DREAM BEAT」Music Video

先週のゲーミング/Cupheadはじめました

 CupheadのNintendo Switchへの移植および日本語ローカライズは、多くのゲーマーにとって大きなニュースだったはずだ。私にとってもそれは大きなニュースだったわけで、さっそくプレイしてる。

 

 

  案の定初見殺し気味なボスの攻撃に序盤から幾度もやられているけど、今のところ覚えゲーなので慣れればさほど詰まることはない。とはいえまだワールド1が終わったところなのでどうなることやら。各ステージ終了時の体力やらクリア時間やらでスコアが出るので、それを突き詰めるアーケードライクなやりこみもできそう。

 先月末に買った(ほんの数時間あれば終わりそうな)十三機兵防衛圏プロローグはまだ終わってません。反省。これが終わったらせきろーやら買おうかなと思っていたけど、もう旬を過ぎてしまった感があるので…。7月のFEまでにある程度積みゲーを整理したいしなぁ。

2019年入ってから聴いてた音楽(1-3月)

 どうも。今年に入ってタブレット型PCやらカフス型イヤホンやらを買ったり、acorのライブに行ったりしてました。

f:id:grotesque34:20190314055124j:plain

 直近では、写真家岩倉しおりの1st写真集を買うついでに、声優上田麗奈の写真集を買うオタクキメました。岩倉さんは去年リリースされたharuka nakamuraの「アイル」で知った方なんですけど、このノスタルジーバリバリの写真はドストライクでして。ちょいちょいInstagramとかも見ていたし、せっかくなので買っちゃった。後者に関しては、まさか自分が声優の写真集を買う日が来るなんてという感じだけど、まぁいろいろ巡り合わせがあってのことなんで。予想よりも写真が好みの傾向してて買ってよかったかな。退廃的なカット自分でも撮ってみたいし、そろそろ腐らせてるカメラを持ち出してどこかに出かけてみたい所存。気温も上がってきたしね!

 


PassCode - It's you (Lyric Video)

 

 1月2月はひたすらPassCodeを聴いていた。以前から名前は知っていたけど、ここまで刺さるのならもっと早く聴けばよかった! 新曲の「It's you」はイントロからエモくて最高にかっこいいすぎる。コール覚えてライブ行ったらめちゃくちゃ楽しいんだろうなぁと最近ずっと考えている。

 

 


Spangle call Lilli line "mio" (Official Music Video)

 

 

 SCLL3年ぶり(くらい)の新譜。もう最初から最後まで好き。SCLLはいまだにしっくりくる音楽ジャンル名がわからないんだけど、ポストロックでええんかね?

 


sora tob sakana/knock!knock! (Full)

 

 

 ついにオサカナメジャー1stアルバムである。私が彼女らを知ったときはもうだいぶ有名になってからだけど(OTOTOYの売上ランキング常連だったしね)、来るとこまで来た感。残念なのが、5月6日にてメンバーのひとり風間玲マライカが卒業することが決まっているということだ。とりあえず来週の鎌野愛/siraph/sora tob sakanaのチケットは買ったので、あの4人でのライブを目に焼き付けてこようと思う。というよりこのメンツのライブとか神すぎひん?

 


赤い公園「Highway Cabriolet」Music Video

 

 赤い公園からVo.佐藤千明が抜けたとき、もう赤い公園は終わりなのかとセンチな気持ちになったけれども、新しいVo.が参加した今の赤い公園、すさまじく良くないか? 「消えない」を、垂れ流していたYouTubeで初めて聴いたときも思わず作業の手を止めて聴き入ったけど、これは今後が非常に楽しみ。

 


忘れらんねえよ『君は乾杯のとき俺とだけグラスを合わせなかった』Music Video

 

 このミニアルバム死ぬほど好き笑。年末年始のCDJライブではあまりに眠すぎて忘れらんねえよのステージは諦めて帰ったんだけど、惜しいことをしたなぁ。

偽りの黒真珠/先週のゲーミング

 

 Nintendo Switch専用タイトル、「伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠」クリアしました。2019年最初にクリアまでプレイしたタイトルというわけで。

f:id:grotesque34:20190208034510j:plain

 このタイトル、もともとは3DSで出るという予定で、初報から相当楽しみにしていました。正直、世代的に特別ファミコンミステリーに思い入れがあるというわけではないけども、現代にあんなノスタルジックなプレイ画面見せられたらやりたくなっちゃうわな。「助けてタコさん」も待望してたし(現状積んでるけど)、過去ハードライクなゲームになんか魅力を感じちゃうみたい。

 プレイ時間は5時間ほど。価格は1000円だったので、ボリューム的には、まぁこんなものでしょうか。個人的には、思っていたよりも長い時間楽しめたなと満足してる。

f:id:grotesque34:20190211165651j:plain

相棒はケン!

 内容としては、プレイヤーが考える余地のある推理モノではなく、完全な2時間サスペンスモノ。ファミ探シリーズのようなドラマ的シナリオといえばわかりやすいかな。

 案外こういうノスタルジーをウリにしたゲームって、当時のハードスペックゆえの不親切さもそのまま再現してイライラすることが多いと思うけど、偽りの黒真珠はテキストスピードもいい塩梅だし、次に何をすればいいかの誘導もだいぶ丁寧にしてくれるので、ストレスを感じることなくノスタルジーに浸ることができる。これ、些細なことだけれど、かなり大事な部分だと思ってる。

 発売前から各所で注目されていたし、いざ発売されたらe-shopのダウンロードタイトルの上位に名を連ねていたので、かなり売れたはず。ぜひシリーズ化してほしい。また、ファミコンアドベンチャーリバイバルという出オチで終わらずに、しっかりとした作品に仕上がっていたので、ぜひおすすめしたい。

 最後にひとつ希望を言うのなら…、サウンドトラックを出してほしい…。デジタル販売でいいんで…、boothなりBandcampなり活用して…、なにとぞ…。

2018年の10枚

 2019年になってだいぶ経つけれど、去年聴いた盤の個人的ベストをピックします。PCライブラリを見てみると、2018年の盤は95枚と100枚には満たず、2017年が140、2016が216枚というとこを考えると、2018年は、さほど新しい盤は増えなかったということになります。神保町のレンタルショップ、ジャニスの閉店に合わせて、そこそこの枚数をレンタル、インポートしたはずだけど、あれはだいたい2017年以前の作品だったということですね。

 また、2018年のライブラリを見てみると、アイマスが多いこと多いこと。ゲームのサントラも、珍しく何枚かライブラリに入れたので、結構ゲーム曲が多い年であったことが確認できます。こうして振り返ってみると、まったく新しいアーティストを開拓していないので、そこは反省。今年は、積極的に色んなジャンルに手を出していきたい。

 

 

1.haruka nakamura/アイル

 悩んだけど、今年一番聴いたのは間違いなくアイル。これから先、春が来るたびにヘビロテすることになるんだろう。懐かしい8cmCDに、写真家岩倉しおりのノスタルジックなアートワーク。あたたかなJanisの歌声は、郷愁を誘う。アルバム、「grace」がとにかく好きな身としては、最高の一枚。


「アイル」haruka nakamura × 岩倉しおり MV

 

 

 

2.wolrd's end girlfriend/MEGURI

 前からWEGは聴いていたけれど、それでもこの「MEGURI」はあまりにも良すぎる。年末にあったライブ、Virgin Babylon Night4は、これを聴くために行ったという部分が4割はある。MVもとんでもなくいいので見てくれ。


world's end girlfriend / MEGURI / MUSIC VIDEO

 

 

3.sora tobu sakana/alight ep

 オサカナも、ハイスイノナサ照井順政がサウンドプロデュースということで、以前から聴いていたけど、この盤で一気に好きになった。negicco以外のアイドルソングを聴くようになったのはamiinAからだけど、もはやオサカナが一番注目しているアイドルグループまである。これを機にいろいろアイドルソングを聴くようになったのだけど、PassCodeMaison book girlなど、音楽的に個性的なグループが、今のアイドル界隈には多くいることがわかったりしたので、「alight ep」はそういう意味でも、個人的に大きな転換点となったと思う。

 

4.ゼノブレイド2 オリジナル・サウンドトラック

 ここからは非常に悩むんですが、ゼノブレイド2入れさせてください。賛否はあるでしょうが、個人的に、近年やったRPGの中ではナンバーワンに熱中した作品でした。もちろん戦闘システムやストーリーなども面白かったけど、音楽もいい仕事していたゲームだったと思う。今聴いても「Counterattack」は胸が熱くなるし、エンディング曲「One Last You」は泣きそうになるし、印象的な曲は非常に多い。ゲームサントラの何がいいって、リスニング時に、プレイしていたときの気持ちや思い出が頭に浮かんでくることだなっていうのを、これで再確認できた。

 

5.ゼノブレイド2 黄金の国イーラ オリジナル・サウンドトラック

 というわけで続けてこれも。ゼノブレイド2DLCのOST。本編の曲と比べてジャジーになってオシャレに。なんといっても「戦闘!!/イーラ」が最っ高。はじめてE3ダイレクトで聴いたときはもう立ち上がったよな。平松さん、あんた神かよ。

 


駒形友梨 / クロックワイズ(Short Ver.)

6.駒形友梨/[CORE]

 「クロックワイズ」めちゃめちゃ刺さってしまったのでこの順位。おそらく年内最後に買った曲なので、強く印象に残っているというのはあると思う。1st LIVE行きたいんだよなぁ。ただ(普通のバンドのライブに慣れてると)チケット高いんだよなぁ。ただ5800円は声優ライブにしては安い気もする・・・。

 

7.ミソシタ/ミソシタ

 このビジュアルよ。このビジュアルのヴァーチャルYouTuberが、誰よりも早くアルバムを出すなんて誰が予想しただろうか。しかし、ただのキワモノと思うなかれ。「地下二階のレジスタンス」を今すぐ聴くんだ。エモいぞ。

 


それでも尚、未来に媚びる『也子』MV

8.それでも尚、未来に媚びる/スーサイド

 これはどうしてもピックしたかった。それ媚びは今年いろいろあった。いろいろあった中で復活を遂げたあのライブ。あのライブで聴いた「也子」はもう忘れられない。一番ライブで聴きたいバンドはいまだにこいつらなんだ。もっとアホみたいに売れていいと思うんだ。みんなも聴いてくれ。

 


a crowd of rebellion / Ill [Official Music Video]

9.a crowd of rebellion/Ill

 ここからは悩むけど、リベリオンを9位に。相変わらずかっこいいの一言。久しぶりにライブ行きたいすな。ガチ汗だくになるし疲れるんだけど(笑)。

 

10.早見沙織/JUNCTION

早見沙織ってわりと長く個人名義の歌手活動しているイメージだけど、まだフルアルバム2枚めなんですよね。今作はビビるくらい早見自身が作曲、作詞してて、だいぶアーティスト性の出ている盤になってると思う。インタビューなど読んで驚いたのが、収録曲が、このアルバムを作るにあたって制作したものってわけでもなく、それこそアーティスト活動初期の曲などもあるということ。さらに(たしか)それがシューゲイザーバリバリの「祝福」だというのだからたまげる。最近の声優は、歌って踊れてトークが面白くて、作詞作曲ができるのか・・・と。残念だったのが「where we are」が収録されなかったことである。あれはそろそろちゃんとした音源で聴きたいという気持ちがある。

 

 

次点1.ダーリン・イン・ザ・フランキス エンディング集

 久しぶりに完走したアニメダリフラは曲もかなり良かった。キャラソンはしばらく聴いてなかったけれど、また手を出してみようかなと思わせてくれるくらいにはいい出来だった。一部劇中でも流れるんだけど、「ダーリン」が最初に流れたところは泣きそうになったな。

 


「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」ゲーム内楽曲『UNION!!』MV

次点2.UNION!!

 ソーシャルリズムゲーのミリシタ1周年曲。この曲すごい集大成感あって好き。ミリオンは曲がいいね。

 

 

 

 

 こんなところでしょうか。いろいろサブスクリプションサービスで聴いてはいるものの、まだ買ってはいない音源は多々あるので、今年はそれらをちょいちょい買いながら、新たなアーティストに手を出していこうと思う。とりあえず、17歳とベルリンの壁PassCodeの音源は早く欲しい。

 今年はどんな新譜が出るか知らないですけど、とりあえず早速年始にSCLLが新譜を出したので、それを手に入れないと。あと、Vampilliaがいい加減今年こそアルバム出すといいですね(笑)。

 あと去年の音楽関連でいうと、PCでの音楽管理ソフトを、長い間使っていたMediaGoからMusic Beeに移行したことが大きなニュースです。モノは試しにと使ってみたのだけど、これが使いやすいのなんの。いまだにMediaGo難民の方は使ってみてください。

今年買った主なモノ(2018)

 早いものでもう年末。もっと早い時期にまとめるつもりだったのに、こんなにギリギリになってしまった。 

 

CYBERDRIVE SEIUN PHA

f:id:grotesque34:20181230224450j:plain

PHA

 年始あたり、突然届いて驚いたCYBERDRIVEのPHA。正確には、これの支払いをしたのはもう2年ほど前なので、厳密には今年の散財ではないけど。

 ESS社のES9018Sを搭載し、大容量バッテリーとバランス接続、DSDネイティブ再生に対応、さらに光デジタル入力やプレイヤー機能もついた、まさに「ぼくのかんがえたさいきょうのポータブルヘッドホンアンプ」、それがPHA。今となってはずば抜けた機能ではないが、これがINDIEGOGOでクラウドファンディングを開始した当時は、まだバランス接続もDSDネイティブも全然対応機器が少なかったんですよね。それにしても、これと同時にクラウドファンディングを始めたSEIUN PROXに比べたらまだマシな方だけども、このSEIUN PHAも手元に届くまで紆余曲折ありまして…、正直届くとは思ってなかったので、何度も書きますがめちゃくちゃ驚きましたわ。

 さて、そのPHA…。クラウドファンディングサイト上の更新の悪さ、無言の延期、先んじて販売していた製品などを見て、ある程度察してはいましたが、ソフトウェアハードウェアともに、作りこみがかなり甘く、少なくとも製品として市場に出せるレベルではなかったです。デジタル入力で聴く音はかなり良いだけにがっかり。当時はかなり期待していただけに、いろいろ文句をぶちまけてやりたいところですけど、こっちの送信したメールには一切返事をしないし、国内で開かれるオーディオ見本市にも出展しなくなったようなので、もうどうしようもありません。正直(あまり使ってないけど)PHAが届いたことと、届くまでの紆余曲折だけで、出した金ぶんは楽しめたからこれ以上はどうでもいいと思っている部分もあるんですけど。

 ちなみに、他にもPROXという製品にも出資したけど、こっちはもう開発中止して返金というカタチになっています。が、まったく返金されないので笑える。さぁ、はたして来年返金はされるのか。

 そういえば、同じくINDIEGOGOのポータブルオーディオにGeek Waveという製品があって、これも延期に次ぐ延期で、PROXとGeek Waveどっちが先に完成するのかななんて笑い話をしたもんですが、PROXが開発中止になった今、Geek Waveはどうなっているのかと調べてみたら、まだ完成してないんですね。開発中止になるのとどっちがマシなんだろうか…(笑)。

Essential Phone PH-1

f:id:grotesque34:20181224003620j:plain

Essential Phone

 スマホは一年に一度買い替えることに決めたのは去年とかですが、今年のスマホはこいつです。米Essentialの初スマートフォン。買ったのはたしか3月4月あたり。

 テック系の情報を追っている人ならよく知ってるはずですが、Essentialは今年はあんまりいいニュースを聞かなかったですね。それでもGoogle純正スマホのPixelとほぼ同時にセキュリティパッチは降ってきたし、Android Pのβもしっかり参加できたので、個人的にはかなり気に入っている製品です。

 もはやスマートフォンの性能はとてつもなく進化しています。私の用途ではその性能をフルに使うことがなくなってしまったので、Snapdragon845は宝の持ち腐れな気がしていて、次のメイン機に悩み中。案外ミドルレンジ向けのSnapdragon660あたりがベストなのかななんて。Essential PhoneのせいでピュアAndroidに慣れてしまったので、Android Oneなんかもよさげかな。

f:id:grotesque34:20181224004648j:plain

そういえばジレハイベ中に届いたんだった

CHUWI Surbook mini

f:id:grotesque34:20181224005024j:plain

Surbook mini

 Surface Goに見えるパチモン。Surbook miniも買いました。10インチのPCが欲しいんだよなぁ、でも10インチのSurfaceはないからなぁ、なんて思っていたときにセールで見かけてつい購入。

 これ、買った数か月後にSurface Goが発表発売されたんですよね…。もちろん噂は耳にしていたので、判断をミスったのは自分です。まぁモバイルPCに性能は求めていないので、だいぶ安くSurfaceクローンが買えて良かった。

Oculus Go

f:id:grotesque34:20181224005623j:plain

Oculus Go

 だいぶ前から興味はあったHMDをいざ購入。正直煩わしいケーブルを頭から生やすのとか死んでも嫌だったので、こういう独立型を待ち望んでいたんだよ。決して既存のVRバイスの価格が高いからとかではなく!

 自身の3D酔いが激しいのは前からわかっていたので、用途としては、ゲームではなく動画視聴、主に加入しているのにまったく利用していないNetflixを活用できたらなという思いで買った。

 しかし、結論からいって、VRというのはまだまだ画面の解像度が足りないのだなということがわかっただけだった。仰向けで寝ながら見れるというのはかなり良かったが、自身が普段認識している景色との解像度と視野角の差異で、長いこと使っているとかなり頭と目が疲れる。なんだかんだ今までのようにモニターに映す方が断然に楽。また、当たり前だが、HMDをつけていると「ながら作業」ができないので、一瞬たりとも見逃せないほど面白い映像作品ならともかく、普通に飽きがあるものは苦痛になる。映画館があまり好きじゃない理由はここにあったのかと納得してしまった。

NuForce be free8

f:id:grotesque34:20181230220425j:plain

be free8

 今や電車でイヤホンを付けている人の8割くらいがTWSの時代。私はTWSが市場に出始めたときにAmps Airという製品を買って使っていたけど、あまり満足度は高くなくて数か月で手放して以来、今年の半ばまで使ってこなかった。

 それが今年の半ばにメインで使っていたDAPを売ってしまって、スマホで音楽を聴くことにした。ポータブルの試聴環境なんか適当でいいやという思いがあったからこそ、その決断をしたのだけれど、残念なことにメインスマホのEssential Phoneにはヘッドフォンジャックが存在しなかった。しばらくは付属のドングルを使って有線で聴いていたけど、ここまで適当に音楽を聴くのならわざわざW60を使うのも…となり、TWSを適当に見繕って買うことにした。

 しかし買うにしてもそこまで金を出したくない(そもそもポータブル環境を適当にするためにTWSを買うのだから)。以前使っていたAmps Airで学んだこととして、音途切れは相当ストレスに感じるので、なるたけ途切れの少ないモデルにすること。途切れ、音質の面からSBCのみ対応モデルは見送り、apt-X対応を最低基準にする。当たり前だがずんぐりとしたイヤホンを耳から飛び出させたくはないので、ある程度スリムなデザイン。持ち運びが容易なくらいコンパクトなケース。などなど。

 というわけで、いろいろな点を考慮して至ったのがbe free8だった。充電端子がmicro-USBなのは残念だけど(そもそもType-Cを充電端子に採用している製品がまだまったくない)、その他で不満はない。音切れも、私の環境では滅多にない。ちょっと驚いたのが、マイクの感度がなかなかいいこと。ゲーム中の通話とか、最近はこれを使用している。

AVIOT TE-D01b

f:id:grotesque34:20181230220532j:plain

TE-D01b

 be free8に満足しているといっておいて、別のTWSを買っているじゃんと思うかもしれない。実は順序が逆で、これのクラウドファンディングに出資して、製品が届くまでの数か月が我慢できずにbe free8を買ったのである。いやー、馬鹿らしい。

 このTWSに出資した理由はただひとつ。クアルコムの新Bluetoothチップを搭載した(少なくともクラウドファンディング開始時は)国内初のTWSだからだ。ぶっちゃけそのチップの一番注目すべき機能はSnapdragon845でしか使えないので、手持ちのスマホがSnapdragon835止まりの私は使うことができないんだけど。まぁどちらにせよ、その機能はアップデートでSnapdragon845に対応するとの話だったけど、いまだアップデートが降ってきたような話は聞かないが。

 正直be free8をしばらく使った後に届いたので、だいぶ期待値というか、興味も低かったわけだけど、音良い、接続性良い、バッテリー長持ちとなかなかいいプロダクトだった。オーディオ界隈で評価の高いイヤーチップ、SPINFITが付属しているのもグッド。ただ私はfinalのEタイプに付け替えたが。

 欠点は、まずケース。充電がmicro-USBなのはしかたないにしても、ケースサイズがでかい。案外世の中のTWSもこれくらいの大きさのものばかりなんだけど、be free8のAirpods的な繭型ケースは本当にコンパクトで持ち運びが楽なので、それと比べるとあまりにも煩わしく感じてしまう。また、システム音声があまりにもうるさすぎる。「コネクテッド(爆音)」はマジでやめろ。

 それでも、ジャパンチューニングを謳う音の傾向は、やはり海外のイヤホンにはなかなかない個性で、聴いていて楽しい。届く前はちょろっと聴いて売るかなにかしようと思っていたけど、be free8と気分で使い分けていくつもりです。

Fiio M7

f:id:grotesque34:20181230221000j:plain

M7

 そして出先で使うイヤホンをTWSにすると、プレーヤーとしてスマホを使うのも容量的な問題でどうなのか、みたいな気持ちになってくるわけで。そんなタイミングで発売前から結構気になっていたFiioのM7が、上位機種M9の発売直前に、その販売価格を約3万円から約2万円まで下げたわけですよ。いや、まぁ、ね? 買うじゃんか。

 てわけで買ってしまいました。これも満足度は高いです。アップデートでスマートフォンからBluetooth経由で操作できる機能、Fiio Linkもどうやら来るらしい。ほぼほぼ同機能のHiBy Linkを以前使っていたことがあって、そこそこ便利だったのでたのしみ。わりと長く使っていくつもりです。

HIFIMAN HE400i

f:id:grotesque34:20181230224547j:plain

HE400i

 今年はヘッドホンを買う気はさらさらなかったのだけれど、そこそこの価格で発売したHE400iが年末セールで安くなっていたので買ってしまった。HE400iは平面磁界ドライバーなんですけど、ちょうどこれを買う直前にヨドバシカメラOPPOのPM-2を試聴して平面磁界が気になってしまったのが悪い。

最後に

 と、ぱっと思いつくのはこれぐらい。もうちょい買ってた気もするけど、日々記録をつけていたわけでもないので。ただ体感的に、今年はいろいろ買った年だったので、来年は逆に控えめになりそう。少なくともスマホは買うと思うけど。

最近聴いた曲(2018年11月)

 数か月前にクラウドファンディングで出資したAVOITのTrue-Wirelessイヤホンが、ついさっき届きました。軽く聴いた感じだと、コンセプト通り、世界的に主流な低音重視な音づくりはしておらず、中域メインの音をしています。手持ちのbe free8は、そこまでドンシャリしていないけど、それなりに低音のあるモデルなので、いい感じに差別化できそうです。

 さて、11月後半になってから聴いた曲がいくつか増えたのでまとめます。

 

tower.jp

 タワレコ専売でAmazonそれ媚びの2ndシングル。前回のシングル、「スーサイド」も、ライブで聴いてようやく完成した感じがあったので、近いうちにライブ行きてえ。

 

アルファルド

アルファルド

 

 「alight ep」、「New Stranger」と名盤が続いているので、かなり今後が楽しみなオサカナの新曲。アイドルソングを聴くようになったのは、ほんとここ最近の話なんですが、特徴的な歌声のメンバーがひとりいると、いい感じにアクセントになって飽きないようになりますね。これは数年前には持っていなかった視点なので、このジャンルに手を出して良かったです。

 

 去年の年末あたりからミリマスの紗代子Pになってしまったんだけど、つい最近まで中の人がソロ名義で曲出しているのは知らなかった。Youtube Musicのサービスインで適当にいじっていたら見つけたのだけど、うーん、普通にいい曲だし、歌うまいなぁ。特に三曲目の「はじめからきっと」は、おそらく今月最も聴いた曲のはず。12月にミニアルバムを出すらしいので、それも楽しみです。

 

呼吸

呼吸

 

 絶対売れると思っているんだけど、期待ほどバズらないなぁと思って一年や二年やら。「呼吸」は個人的にはあんまり…。

 

最近聴いた曲(2018年9月-11月)

 もうずっとPCでの音楽ファイル管理ソフトはMediaGoをつかっていたんだけど、ご存知の通りソニーはMediaGoのアップデートを止めたし、インストーラーすら非公開にしたらしい。とはいえ、有料無料問わず、PCでの音楽管理ソフトに良いと思えるものはあまりなく、まともに使えるのはfoobar2000くらいだけど、これもこれでじっくりカスタムしないとだいぶストレスの溜まるソフトだった。

 で、これ本当に無知だったのが恥ずかしいんだけども、最近はじめてMusic Beeを触った。えっ、これなんでもっと早く教えてくれなかったの! というくらいにはデフォルトから使いやすく、なおかつfoobar並みのカスタマイズ性。さらにUWP版がある! もうね、触ったその日の朝にはもう移行してましたわ。

 ってわけで新たな環境になるとやっぱり音楽を聴くモチベが湧いてくるもんで。先月だか、渋谷TSUTAYAに行ったり、完全閉店すれすれのジャニスに行ったり、初めてしっかりBandcampを見たり、いろいろしてたので、ごく最近聴いた曲の中で良かったのをまとめてみます。

 

tres

tres

 

 前々から聴いていたアーティストだけど、mouse on the keysのこのアルバムはヤバイ。ジャズなんかはあんまり出先で聴くことは少ないと思うけど、これはそれを考慮しても全然聴く。fox capture planからジャズロック入った身としては、同じような境遇の人に聴いてほしい。

 

ミソシタ

ミソシタ

 

 12/22の「Virgin Babylon Night 4」のチケットを買ったので、ゲスト参加するミソシタもよく聴いている。動画投稿されたときからだけど、やっぱり「地下二階のレジスタンス feat.world’s end girlfriend」が好きすぎるんだな。

 

視えないカタチ

視えないカタチ

 

  辻村ファンとして、完全にアーティスト名で手に取った盤なんだけど、とにかくめちゃくちゃ刺さってしまった。「それでも世界が続くなら」「Lyu:Lyu」が好きだったとかいうと、あー好きそうって言われそう。

 

youthful beautiful

youthful beautiful

 

 グリッドマン面白いですよね。エンディングのアニメーションと曲の完成度に溜息が出る。めちゃくちゃ久しぶりにリアルタイムでアニメ見てます。リアルタイムといってもNetflixの配信待ちですが。

 

  あのね、私、一応琴葉Pなので。聴くよね。田中琴葉役の種田梨沙が休業してたうんぬんのストーリーを抜きにしても、「シルエット」は名曲だと思いますです。ていうか普通にメンツが強すぎるし名盤じゃねえか…。

 

  なんといっても「Mantis Lords」がかっこよすぎる。プレイしてて変な声出たもんね。実は真エンドをまだ見ていないし、追加コンテンツも触れていないので、アルバムを聴くたびダメージを受ける。

 

 KAWAIIミュージックイイネ! ゆのみさんはキズナアイの配信楽曲に参加しているようなので、それまであまり聴く気はなかったのだけれど、気になっています。